お肌の大敵!紫外線撃退Guide

紫外線の肌への影響 → 紫外線の肌への影響

紫外線の肌への影響

紫外線は太陽から放たれる光線の一種です。 太陽から放たれる太陽光は52%が目に見える可視光線で、42%は熱として感じる赤外線です。

その二つのどちらにも属さない、目にも見えず、熱も感じない6%の光こそが紫外線です。 紫外線は可視光や赤外線よりも波長が短いために保有するエネルギーが多く、物質に対してより強い化学変化を起こさせるという特徴を持っています。

紫外線によって日焼けをしたり、紫外線を殺菌灯として活用できるのはこれが理由です。 また一口に紫外線といっても、これは紫外線の種類によって三種類に分類することができます。

それが、UVA、UVB、UVCという三種類です。 ですがこのうちUVCはオゾン層で全てが吸収されて地表に届くことは無いため、意識をする必要は特に無いといえます。 紫外線対策が必要となるのは、UVAとUVB、二つの紫外線です。

UVAは太陽から届く紫外線のうち約9割を占めるものであり、持っている影響力はごく小さいものです。 ですがUVAは浴びる量が常時多いため、わずかな影響が蓄積されて、大きな影響となることが多々あります。 UVAによってもたらされる影響の中でもっとも深刻なものが、人間の真皮の破壊です。

この紫外線は人間の皮膚の深層にある真皮層まで到達し、真皮内にある細胞をゆっくりと破壊します。 真皮内にある細胞はコラーゲンやエラスチンといった肌にハリや弾力を与える成分を作る役割を担っていますが、この細胞が破壊されてしまうことにより、皮膚にはしわやたるみといった症状が出てくるようになるのです。

またすでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒く変色させる作用も持っています。 対してUVBは地表に届く紫外線のうち約1割と、その総量自体は非常に少なくなっています。

ですが肌へ作用する力はUVAよりも遥かに強く、UVBは短時間浴びただけであっても肌を焼き、赤みを帯びた日焼けなどを人の皮膚に引き起こすこととなるのです。 またUVBは他の紫外線と比べても波長が長いため、炎症やシミを引き起こすのみならず肌表面の細胞や、DNAなどを傷つける作用も持ち合わせている、特に危険な紫外線だということができるでしょう。 こ

うした紫外線対策として最も有効なことは、何よりも「紫外線を肌に当てない」ということです。 夏の昼間などは特に紫外線が強いため、少し外出するだけであったとしても、なるべくUVケアができる化粧品を使用してから出かけるのが無難です。

一度細胞が破壊されてしまうと皮膚の状態を元に戻すのは非常に困難ですから、紫外線対策はまずなによりも「予防」を重視するようにするべきだといえるでしょう。