お肌の大敵!紫外線撃退Guide

紫外線の肌への影響 → 日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

日焼け止めのSPFとはサン・プロテクション・ファクターの略で、紫外線をどのくらいカットできるかを表す数字です。紫外線には、A波とB波があり、SPFはシミやそばかすの原因となる紫外線B波をどの程度カットできるかを表しています。

20分の間に何もしていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安なので、SPF10であれば10×20分で200分、3時間20分まで日焼けが抑制されるということです。

日焼け止めの選び方の目安としては、日常生活 ではSPF20程度、外出などでは30程度、長時間、海や山・スキー場などにいるときは50程度になります。用途によって、使い分けるとよいでしょう。

また、低い数値のものは、下地にして上からパウダーファンデーションを使うと効果的です。 勘違いされやすいところですが、SPFが大きいからといって、強い日差しに対抗できる効果があるわけではないということです。紫外線の強さではなく、紫外線を浴びる時間が関係しているのです。

しかしながら、お肌を紫外線から全て防ぐことはできません。お肌は少しずつ紫外線の影響を受けています。夏場は特に、汗で日焼け止めが少しずつ落ちてしまいます。そういったことも考慮して、日焼け止めはSPFの少し高いものを選び、こまめに塗りなおすのがよいでしょう。

日焼け止めだけでなく、紫外線対策としては、つばの広い帽子を被ったり、日傘を差すことなどが挙げられます。若い頃は平気でも、そのツケは30代後半くらいからまわってきます。その年代にはケアをしていても、濃くはっきりとしみやそばかすが浮き出てきます。

顔だけでなく、腕や手の甲にも出てくるので驚きます。そうならないようにするためにも、若いうちから紫外線による日焼けをしないように気をつけましょう。 最近では、子供用の日焼け止めクリームも販売されています。その人の体質や用途に合ったものを選び、正しく理解したうえで使用していくとよいでしょう。