お肌の大敵!紫外線撃退Guide

紫外線の肌への影響 → UVBの影響

UVBの影響

太陽光は人間の生活に無くてはならないものです。 太陽光なくしては植物の生育が出来ないため、地球の環境は生物が生存できないものになってしまいます。

人間だけで考えてみても、骨の成長に重要な不可欠となるビタミンDは太陽光を浴びることによって生成されることとなりますので、人間が生物として存在するだけであっても非常に重要です。 ですが太陽光に含まれる紫外線を大量に浴びてしまうと、時として様々な健康被害が人間には及ぼされることとなるでしょう。

その人間に及ぼされる健康被害で最も身近なものが、日焼けという皮膚トラブルです。 太陽光に含まれる紫外線の量はごく少なく、地表に届く紫外線は全太陽光のうち6%に過ぎません。 そしてこの地表に届く紫外線はさらにUVAとUVBに分類されますが、このうちUVBはUVAと比べても非常に強力な紫外線であるという特徴を持っています。

UVBはUVAよりも波長が短い紫外線です。 皮膚の奥まで入り込むことはほぼありませんが、その代わりに皮膚表面に対して大きな影響を与えます。 皮膚表面には多くの細胞が存在していますが、UVBを浴びていると皮膚表面の細胞が傷つけられ、結果として皮膚上では炎症が起きることとなります。

この炎症が起きると皮膚は赤く変色し、サンバーンと呼ばれる真っ赤な日焼けが出来ることとなるのです。 夏の海水浴などで赤く肌が焼けてしまうということには、直射日光に加えて海面で反射された太陽光も皮膚に浴びてしまうため、通常よりも大量のUVBを肌に浴び、短時間で深刻な皮膚炎症を起こすということがメカニズムとして存在してます。

また夏は他の季節と比較しても太陽光の量自体が多く、比例して紫外線も多くなりがちです。 皮膚が弱い人などは夏の昼間、少し外に出ただけでも肌が赤くなってしまって痛みを感じるようになりますので、そういった方の場合は通常よりもより紫外線対策に気を配らなくてはならなくなるといえるでしょう。